パシフィック・リム


<内容>
世界各国を襲撃する謎の巨大生命体を倒すべく、人型巨大兵器イェーガーを操縦するパイロットたちの姿を壮大なスケールで活写する。菊地凛子がヒロインを務め、子役の芦田愛菜がハリウッド映画に初出演を果たした。

<ひとこと>
おかしいな…これだけ大迫力なら映像だけでそこそこ楽しめるはずなのに。他作品の良いシーンを適当に放り込んだ展開の連続に辟易としていました。怪獣も特徴がなく戦闘がワンパターン。完全に無になり、童心に帰って観れば、特撮映画としての完成度は高いです。

<評価> 4.5点