モンスターズクラブ


<内容>
豊田利晃監督が、アメリカに実在した爆弾魔ユナボマーこと、セオドア・ジョン・カジンスキーと彼が起こした事件から着想を得て放つ異色のドラマ。豊田監督と4度目のタッグを組む瑛太が主人公の爆弾魔を熱演。

<ひとこと>
相次ぐ家族の死により現代社会に疑問を持ち厨二病をこじらせた成年を描くショートムービー。1時間ほどで終わりますが、8割は目を閉じていても大丈夫でしょう。個性的な役者を起用した映像のある朗読劇。嫌いではありません。

<評価> 6.5点