インクレディブル・ハルク


<内容>
怒りや恐怖の感情が高まると、緑色の巨人“ハルク”に変身する青年の苦悩と活躍を描くヒーロー・アクション。2003年に同名アメコミを映画化した『ハルク』のリニューアル版。全ての要素を刷新してアクション主体の娯楽性を追求する。エドワード・ノートンが主人公を熱演。

<ひとこと>
小難しかった「ハルク」よりもだいぶ単純に、派手に娯楽性が増しました。それでも主人公の苦悩などは十分に伝わってきてストーリーに入り込めます。ドラマもアクションもかなり面白いアメコミ映画です。

<評価> 7.0点