永遠の0


<内容>
零戦搭乗員の悲劇を描いた百田尚樹のベストセラーを、『ALWAYS』の山崎貴監督が映画化した戦争ドラマ。祖父の歴史を調べる孫の視点から、海軍一の臆病者と呼ばれたパイロットの真実の姿を、現代と過去を交錯させながら綴っていく。

<ひとこと>
安定感抜群の岡田くん。ツボを押さえすぎてる濱田岳、新井浩文、染谷俊太。綾野剛がいたら私の中の人気脇役四天王でした。井上真央は太陽の陽子にしか見えず。良くも悪くも現代人向けエンタメ戦争映画。お行儀よく浅めでした。

<評価> 6.5点