50/50 フィフティ・フィフティ


<内容>
ガンで余命わずかと宣告された青年の葛藤と周囲の人々の姿を、笑いと涙を交えてつづるハートフル・ドラマ。ガンを克服した脚本家ウィル・ライザーの実話を基に、シリアスになりがちな闘病記を新鋭ジョナサン・レヴィン監督がユーモラスに描き出す。

<ひとこと>
リアルな良い映画。しかし映画としてはヌルいとも言えます。ウルウルできますが号泣したい方には不向き。あまり露骨に泣かせにこない爽やかで真摯な闘病映画。面白いかどうかも人によって50/50。

<評価> 7.0点